タンク・ルーミーのスマートキー電池交換3分でできるやり方紹介

スポンサーリンク
豆知識

タンク・ルーミーのスマートキー電池交換の仕方、実録紹介

どうも、スナフキンと申します。

人気車種トヨタのタンク・ルーミーのスマートキーの電池交換の方法を実録紹介します。

トヨタアクア・スマートキーの電池交換の方法・画像と動画で実録紹介します。

タンク・ルーミー外出先でスマートキーの電池切れ・突然ドアが開かない・エンジンが始動しない



スマートキーの交換はディーラーに依頼すると 約¥1500~¥3000
なんと・・・
自分で交換すれば、電池代のみ 百円均一で購入すれば ¥110円

準備するものは2つ

スマートキーの電池交換で準備するもの、一つは「マイナスドライバー」です。
2つ目は新品のボタン電池・・「CR2032」

※年式によってボタン電池の品番が異なります。元電池を確認してください。

このボタン電池は、百均で購入しました。コンビニや電気量販店でも購入できますが、百均に比べると割高になります。アマゾンなどの通販でも購入できます。

数個まとめて購入される場合は、通販が割安ですね。

交換手順

➀スマートキーから、鍵の部分を取り外す

赤丸の部分を指先で左にスライドさせながら、キーの手元の部分を引っ張ります。

②マイナスドライバーでカバーを取り外す。

※傷をつけたり、破損させないように注意してくださいね。

隙間に、マイナスドライバーを差し込みます。

差し込んだ状態で、ドライバーをゆっくり回転させる。

パカッという感じで、隙間が大きくなったら、あとは手でカバーを外す。

③マイナスドライバーまたは、精密ドライバーで電池を取り出す。

隙間の部分にドライバーまたは精密ドライバーを差し込んで電池を外す

④新しいボタン電池を用意する

⑤ボタン電池を画像のように、斜めから押さえ爪の下へ入れ、親指で上から押し込みます。

※ここも、ゆっくり優しくやりましょう。

⑥カバーをします。

カバーをかぶせて、しっかりはめ込みます。

はめ込んだ後は、隙間が空いてないか確認します。

⑦鍵を入れる

取り出すときと同じように、鍵を差し込みます。

はい、これで電池交換完了です。

傷や破損を防ぐため、ドライバーを使うところは、ゆっくりと作業しましょう

     

You Tube動画でも「ハスラーを例にして」紹介しています。
やり方は、ほぼ同じです。あわせてご覧ください。
ハスラースマートキー電池交換

ここまで、お読みくださりありがとうございました。



スナフキンがおすすめする車でお出かけ・・はこちら
タイトルとURLをコピーしました