弥勒山・大谷山・道樹山の春日井三山ルート実録紹介します

スポンサーリンク
トレッキング・登山

自由自然を愛する「スナフキン」と申します。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます

日本全国の隠れた名所お城山城城跡史跡散策コースお出かけスポットトレッキングコース(登山)などを紹介しています。さらには、スキューバダイビングバイク車関連についての記事も掲載しています。見ていただいた方の参考になり、楽しく読んでいただければ嬉しいです。

今回ご紹介するお山、トレッキングコースは、愛知県春日井市にある「春日井三山(弥勒山・大谷山・道樹山)です。
近くの西高森山も楽しいコースですが、春日井市といえばこの「春日井三山」です。三つの山を縦走してきましたのでご実録紹介します。
三つの山を踏破した充実感が得られること、そして、弥勒山展望台からの美しい眺望とかわいい野鳥も要チェックです。
東海地方のトレッキングなら、こちらもおすすめ!

愛知県春日井市

「弥勒山・大谷山・道樹山(春日井三山)」

実録紹介

スポンサーリンク

アクセスと駐車場情報

駐車場の選択

弥勒山から上る場合は弥勒山駐車場が便利

道樹山から上る場合は下記の駐車場が便利

(今回はこちらを利用しました)

今回のルート・・ 道樹山大谷山弥勒山
 「上り」約90分 ・「下り」約40分
植物園内にある「緑の相談所」にて、コース案内図をいただくことをおすすめします。
トイレ情報・・①道樹山登山道入り口手前  ②植物園内
出発前のトイレは、この二カ所どちらかが便利

道樹山登山口入口

植物園緑の相談所

駐車場からスタート➡道樹山➡大谷山➡弥勒山コース実録紹介

細野キャンプ場第2駐車場からスタートします。

駐車場を出て、細野キャンプ場を目指します。

都市緑化植物園とは逆の方へ歩き、東南へ進みます。

時計のある十字路を左へ進みます。

 

標示に従ってキャンプ場を目指します。

キャンプ場の横に登山道入り口があります。

(道樹山までは約50分~60分)

山道の途中には、祠(ほこら)や石碑も見られます。

道標にしたがって、進みます。

「鉄塔」があります。

鉄塔を過ぎたあたりから、かなりきつい段差(木段約600段)を上ります。

道樹山園地まできたら、頂上まであと少し。

道樹山(どうずやま)山頂に到着(標高429M)

頂上には12月19日(2020)現在、数センチの積雪がありました。

ここから、大谷山をめざします。(約15分程で大谷山へ)

東海自然歩道を進みます。

大谷山山頂に到着(標高425M)

道樹山から少し下り、再び上り大谷山山頂に至ります。

山頂からは、木々の間から春日井や小牧の街並みが眺望できます。

最終目的地「弥勒山」山頂を目指します。

大谷山から弥勒山までは、700m約20分の道のりです。

道標「22」・・弥勒山山頂まで、600m

道標「34」に到着・・山頂まで100m

ここから、ややきつい登りがあります。

弥勒山山頂に到着(標高437M)

ベンチや展望台があります。

展望台からの眺望はとてもきれいです。

高蔵寺ニュータウン、名古屋市街地、ナゴヤドーム、伊勢湾まで見渡せます。

 んち 

今日のランチ紹介

今日のランチは、「コーンリゾッタのカレー」

お山の食事はいつもながらおいしいです。

Amazon | アマノフーズ 畑のカレー 2種セット4食 | アマノフーズ | カレー 通販
アマノフーズ 畑のカレー 2種セット4食がカレーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

食事の最中、おこぼれにあずかろうと小鳥が寄ってきます。

ずいぶんと人馴れしています。

           

下山ルート

下山ルートも数多くあります。

今回は、登ってきたルートを道標「34」まで下りて右折します。

道標「23」から林道を進み、道標「18」へ

道標「18」を過ぎて、分岐を植物園方向へ進みます。

弥勒山近道入り口を出て、植物園前を通過し池のほとりを通ります。

駐車場へと戻ります。

まとめ

春日井三山(道樹山・大谷山・弥勒山)はいかがでしたでしょうか。

案内図に今回のコースをまとめてみました。

緑線が上り、赤い線が下りです。

一つずつそれぞれの山を登るのも良いですが、三山をいっきに

登ることをおすすめします。

きれいな自然と、美しい眺望をお楽しみください。

スナフキンの名言集より    By トーベ・ヤンソン

 

スナフキンは、ワクワクしっぱなしで中空に見とれていました。

後ろ足は、思わずしらず、ステップのような足踏みをしていました。

(こいつは、摩訶不思議な雷だ!あの稲妻の調子だと、一体全体、

どこに落ちたんだろう・・・・?)

 ムーミン谷の十一月 より

 

冬の山は、装備をしっかりして出かけましょう。

自由と旅、自然を愛する「スナフキン」でした。

タイトルとURLをコピーしました